2013年08月14日

「草むしり」に学ぶ根本的な品質改善

「草むしり」に学ぶ根本的な品質改善
(2013年8月14日)品質管理研究所


製造現場の問題は、いたるところに見え隠れしています。

現場で見つけた問題点に対して、
改善をしても、日をあらためて見周ると、同様の問題が再発している・・・。


そんなことが多くの実務の現場でおこっているのではないでしょうか。

現場の問題を取り除くプロセスは、身近な畑の『草むしり』と似ています。

草むしりと根本的な品質改善

畑に雑草が生えていれば、作物に光や栄養や水が不足し、
育てたい作物がすくすくと育たず、
品質が低下するばかりか、収穫も減ってしまいます。
雑草を放っておくと、害虫の発生や収穫時の作業効率の低下もおこりかねません。


製造現場でも、生産を阻害する雑草(現場の品質問題)により、
新たな問題が引き起こされ、品質低下や生産効率の低下を招いているのです。


そのため、雑草を除去する必要がありますが、
目に見えている不要な草の茎をかりとっただけでは十分ではありません。

一時的に綺麗になっても、地に深く根ざした根がのこっていることで、
時間がたてば、また草が育ち、もとのように生えてきてしまいます。
雑草は、1年でかれるだけでなく、2年目以降も生き延びるものもあります。

目先の問題だけを摘み取るだけでは、
土の下に隠れた根となる本質的な問題を取り除くことも難しくなり、
再び同じ問題に悩まされることになりかねません。


目に見えている問題に根ざす本当の問題は、一体何でしょうか。

目に見えた問題を生み出すもととなる
特徴的な土壌「組織・思想・仕組み・基準・躾・指導」にどんな問題が潜んでいるでしょうか。


草むしりと根本的な品質改善

私たちが何か問題を改善するときに、
草の茎を急いでとることだけではなく、

再発を防ぐために、土の中にある根(本当の問題)をきちんと発見し、
どのようにとりのぞくかということに着目しなければなりません。



自然は、私たちの先生です。

私たちの組織でおきている問題の多くは、
長年の進化の過程で自然界がすでに答えをみつけてくれている気がします。

生物の進化と同様に、改善にも終りがありません、
自然に学んで、品質改善にも役立てていきたいものですね。



【関連記事】
「鳥の目」「虫の目」「魚の目」
ゆでがえる現象とは?
鮭の生き方に学ぶ品質改善
品質対症療法の弊害とは?
伊勢神宮に学ぶ品質思想
『ものづくり』は、『料理づくり』と同じ?
posted by かおる at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 品質改善
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72429466

この記事へのトラックバック