2012年12月27日

鮭の生き方に学ぶ品質改善

鮭の生き方に学ぶ品質改善
(2012年12月27日)品質管理研究所


自然界の生き物達は、私たちにたくさんのことを教えてくれます。


鮭は、川で生まれ、海で育ちます。
そして、再び、命がけで故郷の川にもどり、卵を産み、子孫を残します。


鮭の遡上と品質改善

厳しい環境の中で、ごくわずかな鮭だけが、
川をのぼりきり、大切な子孫を残していきます。

ものづくりでは、さけが育つ川の流れのような品質の作りこみプロセスをへて、
さまざまな試験をクリアした後に、市場である海へ出荷されていきます。


海は、さまざまな市場のお客様がまっている環境です。
海には、思いもよらないようなさまざまな危険がまちうけています。

多くの製品は、お客さまのところで大活躍をしますが、

ごくわずかの製品が、品質改善の種となる貴重な情報をもって、
うまれたふるさとである製造工場へもどってきます。

どのような理由で、工場へもどってきたか、その問題となる原因を分析して、
次の製品への設計上の改善を施していくことが求められます。


川でうまれた鮭が、海へと旅立ち、川へともどる生命のいとなみは、
まさに製品の品質改善の繰り返しのようです

新たにうまれた改善を反映した製品(子鮭)は、
また、次の世代の製品として、新たな市場の海へと旅立つことになります。

大海原で成長する鮭が、脈々と受け継ぐDNAをもっているように、

市場からもどってきた製品から、品質上の改善点を学びとり、
次の製品の設計(DNA)に反映して、喜ばれる製品に改善していきたいものです。


品質問題で悩みをかかえているときには、
あえて問題からはなれて、考えてみることも大切なことです。

身近な自然界に目を向けてみると、思わぬヒントが見えてくるのではないでしょうか。

【関連記事】
製品は、わが子と同じ?!
不良品をわざとつくるとは?
原因不明の不良問題を解決するには?
品質対症療法の弊害とは?
伊勢神宮に学ぶ品質思想
posted by かおる at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 品質改善
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61074102

この記事へのトラックバック