2012年12月11日

自工程完結の品質保証とは?

自工程完結の品質保証とは?
(2012年12月11日)品質管理研究所


品質保証の仕事は、品質や検査という言葉がつく
品質管理部、品質保証部、品質検査課などの専門職の仕事と思われがちです。

自工程完結と三現主義

もちろん、これらの品質部門は、品質をつくりこみ、品質を適宜チェックし、
お客さまに品質を保証するためのゴールキーバーとしての役割をはたしていますが、

生産現場でものをつくり、『品質を工程でつくりこむ』のは、
フィールドプレーヤーである製造現場の加工者が担っていることを忘れてはなりません。

生産現場ではたらく加工者自らが、
『良品のみを次の工程(お客様)へ贈る』という
目標に近づくためには、どうすればよいでしょうか。



■ 自工程完結とは?
各製造工程で、自らが責任をもって、製品品質をつくりこみ、
不良品を次工程に流さない考え方を『自工程完結』といいます。

『後工程はお客様』の前提となる『自工程完結』の考え方が、
十分浸透していない場合には、

製品を加工する各工程別の不良率が正確に測定・把握されておらず、
最終検査で検出される不良が圧倒的に多いのが特徴です。

製品の加工者が、不良品を最終の工程検査でとりのぞかれた不良品から
時間をおいて知る場合、このタイムラグが、品質改善が滞らせる要因となります。

時間が経って見つかる不良ほど、
原因の推定が難しくなることが多いものです。

市場の不良はもちろん、工程内の不良も同じです。

製品だけでなく、不良品にも、鮮度があります。
より鮮度の高い状態で、現場で品質改善できているでしょうか。

自工程完結

パンを上手にふくらますためにどのようにきじを練って、どのようにねかせたか、
パンを焼く前の工程と後工程のつながりも現場で観察すれば、みえてくるはずです。

産業用の製品のものづくりにも、通ずるヒントは身近にあふれているのではないでしょうか。


■ 加工者からの脱皮
品質問題を理解し、品質不良を防止するためには、
作業している『加工者』が、不良品(MATERIAL)はもちろん、不良を生みだす要因となる
ヒト(MAN)や機械(MACHINE)の実際の動作(METHOD)をその場で認識し、
改善策を考える『加考者』になることがもとめられます。

不良を発生させないような根本的な改善をはかるために、
不良が発生した瞬間に立ち会うことが、『加考者』の基本となります。

品質問題をその場で確認できると、
品質改善の多くの気づきをうまれ、改善を早めることにつながります。
不良が発生してどれだけ、はやい段階で不良を見つけられるかがポイントです。

不良仕掛品に加工を施しても、
むだな加工コストを追加するだけで、不良品にかわりありません。
せっかくの加工の努力も、水の泡となってしまうのです。

不良品は、余計なコストをうみ、貴重な時間を奪うものです。

自工程完結型の品質マインドがみにつけられると、
自工程での品質が気になるのを手始めに、後工程での品質はもちろんのこと、
前工程から流れてくる製品の品質も気になり始めることでしょう。


自身の工程での品質は、前工程での品質にも影響を受け、
後工程に影響を与えることに改めて気づけば、改善の楽しみもより広がります。

問題があれば、お互いに声をかけ、すぐに気づいて、見直すきっかけにもなります。

実際の加工者はひとりでも、加考者がひとりになる必要性はありません。

複数人でチームをつくり、『加考者』になることもできます。
そして、『加考者』から、実際に改善の行動にうつす『加行者』が出てくれば、
品質改善の種は、もう、芽をだしているといってもよいでしょう。


自工程完結と品質改善

単なる『加口者』だけにはならず、

太陽のように明るく照らし、芽を出した種にどのように水を与えられるか、
改善チームを応援するリーダーの役割も大切ではないでしょうか。

自工程完結は、単に自分の工程だけよければよいという「自分勝手のわがままな発想」ではなく、お互いを気づかい、チームで改善を促すための起爆剤にしていきたいものです。


現場で品質改善を引っ張り、活躍される皆さまを応援しています!


【関連記事】
品質保証部は、ゴールキーパー?
大企業病と経営品質とは?
後工程はお客様!
「工程で品質をつくりこむ」とは?
「鳥の目」「虫の目」「魚の目」
改善4原則「ECRS」とは?
TOC制約条件の理論とは?
動画で学べる『品質思想』〜飯塚教授
posted by かおる at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 品質思想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60669565

この記事へのトラックバック