2012年10月31日

ゆでがえる現象とは?

ゆでがえる現象とは? - 品質管理研究所 -


ひとや企業が成長するためには、変化が必要です。

変化は、チャンス。
変化は、リスクではなく、機会。


リスクとおもうか、
チャンスとおもうか、
心が決めることです。

事前に心の準備があれば、チャンスとなるでしょう。

目の前の小さな変化をとらえて、仕事ができているでしょうか。
そして、自分自身から、周りに変化をうみだせているでしょうか。

毎日さまざまな仕事にながされて、
あっという間に時が過ぎていないでしょうか。

変化もすくなく、あまりに居心地がよいと、
気がつかないうちに、『ゆでがえる』になっているかもしれません。

ゆでがえる現象


■ 大企業病ともいえる『ゆでがえる現象』とは?

ゆでがえる(茹で蛙)とは、
かえるを熱いお湯に急にいれると、
かえるは、あまりの熱さに驚き、熱い湯から飛び出して、助かるのに、

かえるを水の中にいれて、じわじわと水を温めて、お湯にしていくと、
かえるは、そのわずかな水の温度変化に気づかず、
茹で上がって命をおとしてしまうというたとえ話です。


ゆでがえる現象

ヒトや組織も、この『ゆでがえる』と同じように、

企業の社内というぬるま湯につかっていると、

めまぐるしく変化する外界の環境変化にきづかず、問題を見過ごしてしまい、
気がついたときには、とりかえしがつかないほどの厳しい状況に
追い込まれてしまうということです。



■ ゆでがえるを防ぐためには?

仕事がマンネリ化して、変化に鈍くなっていないでしょうか。
このような『ゆでがえる』に、ならないようにするためには、どうすればよいでしょうか。

ぬるま湯の中でも、わずかな変化は、確実にあるのです。

小さな変化に気づくためには、
日頃から、現場で、お客様や現物にふれ、
現実を把握して、生きた情報に触れることが必要です。


鮮度のよい情報は、2つの『もの(物と者)』から感じとるものです。

情報収集力と仕事品質

周りには、湯の温度の変化を教えてくれる様々な「かえる」さんがいるものです。

お湯の温度変化の違いにも敏感な全く外のかえるさん(取引先・協力会社さん)、
小さな変化にも敏感な異なる世界のかえるさん(中途社員・新入社員さん)、
刺激の強い熱いお湯に自ら飛び込みなかえるさん(チャレンジ旺盛な仲間)、
ぬるま湯にのぼせて、気を失いかけているゆでがえるさん(反面教師)、

さまざまなかえるさんが、気づきのきっかけを提供してくれます。

企業の規模が大きくなるにつれ、たくさんの社員で仕事を分担します。
伝言ゲームのように、情報の鮮度も落ちていることもあるでしょう。

はいるお湯の温度を測定すれば、客観的に状態を把握することができます。
小さな変化を客観的な指標と数値で、『見える化』しているでしょうか。

実態を数値でつかみ、変化をとらえなおすことは大切なことです。



以上、今回は、ゆでがえる現象について、紹介しました。

時代を華々しくかざった産業も、数十年で大きく変化しています。

安定した企業は、ゆでがえる社員をうみだす温床となり、
企業を衰退させているのかもしれません。

みなさんが『ゆでがえる』にならないように、
かえる(≒ かおる)から、実務で役立つ品質の考え方を
これからも楽しくお届けできれば、うれしく思います。



【関連記事】
大企業病と経営品質とは?
品質保証部は、ゴールキーパー?
『ものづくり』は、『料理づくり』と同じ?
虫歯と品質不良の関係?
伊勢神宮に学ぶ品質思想
posted by かおる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品質思想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59670482

この記事へのトラックバック