2012年09月07日

現場で学べ?将棋の歩!

歩のない将棋は負け将棋?! - 品質管理研究所 -

将棋には、
さまざまな駒があります。


機動力のある飛車、
左右四方見渡せる金、
飛び越えて動く桂馬、

そして、最前線に立つ歩。

歩のない将棋は負け将棋

最も数が多い『歩』の役割こそ、重要です。
『歩』のない将棋は、負け将棋ともいわれます。


まっすぐ一歩ずつしか、進めませんが、

敵陣最前線へと進んでいくと、
王の隣にいる『金』と同じ、『と金』となります。

仕事でも、将棋の歩のように、
組織を支える現場にたつ人材のはたらきがかかせません。

最前線の現場での経験は、
ひとを強く、そして、たくましく育ててくれます。

実務での学びの機会は、
身近にいたるところにころがっています。


どれだけ多くの問題にぶつかり、
逃げずに解決して進んできたか。

困難な問題をピンチと捉えるか、
チャンスと捉えるかは、まさに、心の持ちようひとつです。

みながしり込みする仕事をいかに楽しんでできるか。
そこは、あなたらしさが発揮できるチャンスの場です。


仕事と遊び心

このような日々の現場での経験は、
日常の小さな変化に対する気づきの目も鍛えてくれます。

品質部門では、とりわけ、この『問題を発見する目』をもつことが求められます。
何が問題なのかをきちんと見つけられることが、
問題解決の近道であり、見落としがちな大切なポイントではないでしょうか。

将棋の『歩』のように、
最前線にでて、問題を見つけ、
問題を解決する『と金』でありたいものです。



【関連記事】
いつお客さんに会いましたか?
品質教育はだれにすべき?
「鳥の目」「虫の目」「魚の目」
posted by かおる at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 品質教育
この記事へのコメント
かおるさん
「歩の無い将棋は負け将棋」とは言い得て妙ですね。
私の部下にも、現場を見ない品管はダメ!とデスクワークに成り気味の部下に、管理図を付ける傍ら、現場のメンバーに話かけて、「今の現場の調子」を聴く様に指導しています。その経験が、きっと彼らを「金」に変えてくれると思います。
Posted by 政之助 at 2012年09月09日 11:52
政之助さん

こんにちは、
品質管理研究所 かおるです。

政之助さんの『現場を見ない品管はダメ』ということばは、
どこの企業にも、教訓として通じる大切な言葉ですね。

デスクワークで、品質書類をチェックしていると
ついつい品質が高まるように感じてしまいますが、

本当に付加価値をつけられているか、
自問自答することが大切ですよね。

現場に行って、顔を合わせて、
現場のメンバーに現場の調子を聞いたり、

機械から異音がでていないかなど、
現場にふれてわかることが、やはり、活きた品質管理ですね。

政之助さんのように、現場を大切にされて、

部下をあたたかく指導されていれば、
多くの『金』がきっと育ってくれるでしょうね。
Posted by 品質管理研究所 かおる at 2012年09月09日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58079057

この記事へのトラックバック