2012年05月26日

伊勢神宮に学ぶ品質思想

伊勢神宮に学ぶ品質思想 -品質管理研究所-


三重県伊勢市にある『伊勢神宮』

1300年間もの間、
20年に1度、建て替えられていることをご存知でしょうか。


神宮には、東と西に同じ広さの敷地があり、
20年ごとに同じ形の社殿を交互に新しく造り替えます。

神宮の建て替えを行い、神宝をつくりかえることは、
伝統的な建築や工芸の匠の技術を後世に脈々と伝え、
神宮の歴史、日本の文化をも伝えていくことにつながります。

木造建築の神宮をつくるためには、何が必要でしょうか。

神宮建設のためには、
大量の檜(ひのき)の木や屋根につかう萱(かや)が、必要です。

そんな材料としての木材も、
伊勢神宮さんが、山林をそだて、萱山で萱を10年がかりで集め、
200年もの壮大な森林計画で森づくりをしています。


木材の準備に4年、伐採後に2年間貯木池に沈め、
1年間のざらしにして、四季のある自然環境で木をならし、
製材され、はれて、神宮の一員となれるというのです。

長く、厳しい下済みを経て一人前の木材になった木は、
そったり、割れたりしない、しっかりとした木材になります。

まさに、ひとの成長と同じです。


20年の役割をおえた木材も、地方の神社に配られるなど、
日本各地とのつながりを持つことにも生かされています。

時代が変われども、
変わらない伝統と、引き継がれる歴史。

毎年 数百万人が、参拝にも訪れる伊勢神宮で、
このような伝統が維持されることで、

技術を伝承し、こだわりをもってつくりあげる思想が、
日本人の考えに、受け継がれているのではないでしょうか。

ひとをそだて、ものをつくり、時代を越えて、技術を継承する。
自らで材料をそだて、こだわり、あますことなくつかいきる。
長期的視点で考え、短期的な視点で行動する。


時代を越えて1300年も続く仕組みには、
品質思想や教育のヒントが、隠れています。


品質思想と品質教育


【参考文献】
【ニュースレター】20年ごとに建て替えることで永久を保つ − 伊勢神宮の遷宮 枝廣淳子さん
伊勢神宮 式年遷宮
伊勢神宮式年遷宮広報本部


【関連記事】
知られざる品質管理の歴史
日本製品の品質の高さの秘密とは?
お客様はだれですか?
『ものづくり』は、『料理づくり』と同じ?
良い部品は良いパートナーから!
虫歯と品質不良の関係?
動画で学べる『品質思想』〜飯塚教授
後工程はお客様!
posted by かおる at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 品質思想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56079003

この記事へのトラックバック