2011年12月21日

工場監査のやりがい

工場監査のやりがい - 品質管理研究所 -


知らない工場で、長い机を囲んで工場監査をしていました。

見たことのない作業服をきた方々が席に着いて、工場監査をうけています。
誰一人見覚えがありません。いったい、ここはどこでしょうか。

目を覚ませば、布団の中です。

海外から帰宅して、ゆっくり寝た夢の中でも工場監査をしていることがあります。
夢の中でも工場監査ですが、監査の夢のあとは、なんだか爽快な目覚めです。

夢の中で工場監査をシミュレーションしていて、
頭の中が、整理されているようにも感じます。

現実の監査では、さまざまな国で日頃お会いできないような
社外の優秀な技術者、ベテランの品質管理者、一生懸命な営業マンに出会う機会があります。
夜遅くまでいっしょに仕事に熱中し、本当に充実した時を過ごさせて頂いています。


工場監査と絆

工場監査のときには、
企業の主力製品を開発した技術者は、技術や工程を喜んで説明してくれます。

ベテランの品質マンは、独自の品質取り組みを余すところなく、自信をもって答えてくれます。
優秀な営業マンは、お互いの事業の成功をともに考え、苦労を惜しまずサポートしてくれます。

いい仕事をしている人たちと一緒に仕事ができると、幸せな気持ちになります。
そんな気持ちにさせてくれる日頃の工場監査が、夢にでてくるのかもしれません。

工場監査で出会うさまざまな人とのつながりは、
工場監査という仕事を通じた最高のご褒美です。


工場監査では、品質事項を確認し、品質向上を図ることは当然ですが、

一緒にモノを作り上げていくパートナーのみなさんとのつながりを築く大切な時間
であるということも、ぜひ心の中にとめておきたいものですね。

工場監査と絆


【関連記事】
工場監査とは、向上監査!
ピンチはチャンス?工場監査!
工場監査の役割とは?
品質管理研究所サイトマップ

posted by かおる at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 工場監査
この記事へのコメント
こんばんは、かおるさん。

私の今年の初夢はクレームでお客さんに怒られている夢です。
昨年末はクレームが立続けに発生したので、その影響だと思います。
最悪でした・・・。

今回の中国出張では本場の四川料理を食べました。
最初は良かったのですが、最後の方は辛さで味を感じることも出来なくなりました。
しかし、一緒に食べた中国人スタッフは平気な顔をして食べていました。
さらに「あんまり辛くないよ」とも言われました。
普段から辛いものを食べているから、平気なんでしょうね。
人間の環境適応能力はすごいなぁと改めて思いました。
Posted by QA課代 at 2011年12月23日 00:11
こんにちは、QA課代さん


中国出張おつかれさまです。

初夢でクレームの夢をみるとは、さすがですね。
来年の初夢に期待したいところですね。

中国の本場の四川料理はやはり辛そうですね。

日本のやさしい風味とは違い、独特のものがあります。

出張のときは、仕事の疲れと辛さなどで
体調くずすことのないよう、
かぜぐすりや胃薬は必需品ははなせません。

つかうことはなくても、もっているだけで
安心できる、お守りみたいなものですね。


品質管理研究所 かおる

Posted by 品質管理研究所 かおる at 2011年12月23日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52185618

この記事へのトラックバック