2011年01月04日

具体的な『5S活動』とは?

具体的な『5S活動』とは? -品質管理研究所ー


今回は、具体的な「5S」活動について、ご紹介します。

アスクさんの5S教育DVD教材「実践5Sプロジェクト」より、

_____________________________


(0)「実践5Sプロジェクト」ダイジェスト版
(1)5Sとは?
(2)ペンキ作戦とは
(3)ロケーション表示とは
(4)虎マークとは
(5)形跡整頓とは
(6)FIFO(先入れ先出し)とは
(7)斜め線とは
(8)面出しとは
(9)赤札作戦とは

_____________________________





5S活動について、わかりやすく学べる映像がありますので、ご参考まで。

詳しくは、以下のオフィシャルサイトで確認してくださいね〜。
http://www.ask-digital.biz/jissen-5s/

テキスト、問題集、DVDセットなどが販売されていますね!

(わたしは、ちなみにアスクさんとは関係はなく、学習のため
 サイトを参考にさせていただいているだけですので、 ご購入に際しては、
下記のYouTubeサイトやHPをご参考にご自身で判断してみてくださいね〜。)


『企業が生き残るためには、まず、整理・整頓・清掃・清潔・躾の「5S」から』


(0)「実践5Sプロジェクト」ダイジェスト版〜 YouTube askdigitalbizさん




(1)5Sとは? - 5S活動基礎DVDセット「実践5Sプロジェクト」



多品種化対応、コストダウン、品質改善、稼働率向上、安全性向上などを図るために
むだ、むり、むらをなくして、生産性をあげるなどの企業の目的を達成するための基礎として、
5Sを行うことが大切ということですね。



(2)ペンキ作戦とは - 「実践5Sプロジェクト」〜 YouTube askdigitalbizさん


作業場所、通路、置き場などを明確にペンキで色わけして区別することは大切ですね。



(3)ロケーション表示とは - 「実践5Sプロジェクト」〜 YouTube askdigitalbizさん



建物の住所、そして、番地表示(ロケーション表示)して、
だれでもすぐにわかるように識別管理することが大切ですね。



(4)虎マークとは - 「実践5Sプロジェクト」 〜 YouTube askdigitalbizさん



危険箇所を明示するためのトラマークですね。
安全管理をしっかり行う企業では、当然実施していることですね。

扉の動線がわかるように、とびらの開く範囲をしているようなテープのつけ方もよくみられますね。




(5)形跡整頓とは - 「実践5Sプロジェクト」〜 YouTube askdigitalbizさん




形跡整頓とは、工具など置き場におかれているものと同じ形跡を背面に描き、
ものをとったあとでもその跡がわかるようにして、簡単に戻すようにできるように管理することでね。



(6)FIFO(先入れ先出し)とは - 「実践5Sプロジェクト」 〜 YouTube askdigitalbizさん



ものの先入れ先だし(FIFO: First In First Out)という在庫の管理方法ですね。

古いものを意識せずに先に使用できるように、保管棚を斜めにして、高い後ろ側から補充して、
前面から取り出すなど、工夫が大切ですね。



(7)斜め線とは- 「実践5Sプロジェクト」〜 YouTube askdigitalbizさん



斜め線管理は、事務所などで、ファイルを管理する手法として、

連なるファイルの背表紙にななめにテープをはり、
取り出した位置、戻す位置、順番が一目でわかるように管理できる手法ですね。



(8)面出しとは - 「実践5Sプロジェクト」  〜 YouTube askdigitalbizさん




作業スペースや個数に応じて、うまく管理する方法が紹介されていますね。

置き方の一例として、『面出し(つらだし)』とよばれる方法があり、

モノを一品目に一個見えるようにして、一品目ごとに線で区切り、
必要なものが一目でわかるようにしていますね。



(9)赤札作戦とは - 「実践5Sプロジェクト」 〜 YouTube askdigitalbizさん




赤札管理は、整理によって、だれがみてもいるものと、いらないものをわけるための手段として、
赤札をつけて、捨てる。そして、その不要なものを発生させないような改善をする手法ですね。

赤札をつけたものを、準備された不用品置き場にすべて集めて、その発生したモノの発生要因や
不要になった要因、必要性の有無を関係者全員で話し合ったりして、不要なものを全て捨てて、
必要であれば、整理した場所に戻して、確認できた課題に対して改善を図るということですね。


以上、今回は、具体的な5Sの管理手法について、アスクさんの映像をもとに
ご紹介させていただきました。たいへん勉強になる内容が盛りだくさんですね。

わたしが工場監査人として、協力工場さんの工場監査へいった際に、
よく見かける改善活動がわかりやすくまとめられていますので、
自社の企業の改善に役立つことがあるのではないでしょうか。


【関連記事】
5Sチェックシートとは?
ものづくりの基本の『5S』とは?
品質管理とクリーン化
動画で学べる『5S』!
e-Learningで学ぶ『5S』
posted by かおる at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 5S
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42368189

この記事へのトラックバック