2014年02月24日

モノではない、つながりをつくる?工場監査!

モノではない、つながりをつくる?工場監査!
(2014年2月23日) 品質管理研究所


工場監査は、さまざまな方とお会いできる大切な機会です。

異なる業界や豊富な経験をもつ方々と直接お会いしてさまざまな刺激をうける、
これほど素晴らしい機会はありません。

ヒトにふれ、新しい考え方に出会い、たくさんの気づきがあります。

工場監査と信頼関係

工場監査では、工場監査員は、工場の品質をチェックすることももちろん大切ですが、
はじめてお会いした仕事のパートナーであるみなさんと良い関係を築くことも大切な仕事です。

工場監査で出会った方々は、数知れず、名刺が山のようになりますが、
その中で、どれだけ、訪問した会社のみなさんの顔と名前が一致するでしょうか。
工場でたくさんのヒトにお会いする機会がありますが、
たくさんの名刺交換をしても、どれだけ記憶にのこっているでしょうか。

相手のお名前を、名刺交換のときに、すぐに覚えられているでしょうか。

名前を覚えることは、相手を知ることのはじまりです。
相手と会い、相手の名前をよぶ回数が増えれば、お互いの気持ちも通じやすくなります。
「名前」は、世界共通の聞きなれたたいへん気持ちのよいことばではないでしょうか。


海外の方のお名前では、発音も難しくすぐに聞き取れない場合もあるでしょう。
ことばにだして、呼びなおして、教えてもらい、自分の名前を教えあうように確認すると
直接ことばが通じなくても、不思議と親近感がわいてくるものです。

アジア圏の国際的な企業の社員さんは、
自国の本当の名前のほかに、発音しやすい"English name"をつけている場合も多いものです。
Kevin、Peter、Bob など、親しみやすい英語圏の名前がよくでてきます。

海外企業では、日本企業に比べて、お互いに
名前で呼び合うことの大切さに気づかれている企業も多いのではないでしょうか。


ものをつくるのは、工場ではありません。機械でもありません。
大切なものをうみだすのは、ひとりひとりの名前を持ったひととひとのつながりです。

相手の名前をよび、自分の名前をつたえ、
相手にお願いをしたり、お願いをされたりすることで、
仕事も円滑にすすむようになるのではないでしょうか。

たくさんの方と出会う機会には、
自己紹介しあうときに相手の名前を声にだして覚えたいものです。
その場で全ての方の名前を覚えて、呼び合えれば、
それだけで、あなたを見る目がかわってくることにも気づくことでしょう。


工場監査では、ものばかり見ず、人とふれ、
このような新たなご縁を大切にしていきたいものですね。

工場監査でつくっているものは、「モノ」にあらず、
ひとの「つながり」をつくっていることをいつも心にとめておきたいものですね。



【関連記事】
工場監査員とは?
工場監査員の役割とは?
工場監査員に必要な視点とは?
ほめて育てる!工場監査
posted by かおる at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 工場監査

2014年02月08日

工場監査の段取りとは?

工場監査の段取りとは?
(2014年2月8日) 品質管理研究所 

工場監査は、ごく限られた時間の中で、
どのように姿勢で生産や検査をしているかを現場でお客さまにお伝えして、
ものづくりの品質について、信頼・安心していただくための大切な機会です。


工場監査の準備


工場監査では、特に、お客さまに製品と一緒に提出する出荷検査成績書に記載された
製品品質をチェックするための検査項目を監査時に確認することが多いのではないでしょうか。


工場では、日頃から社内の品質部門がお客様に代わって、
第三者的にきびしく自己チェックできていることをきちんと説明することが求められます。
出荷検査では、さまざまな検査項目を確認しますが、検査前に前処理が必要で、
長い時間待ってから、検査することが必要な特性項目もあるものです。

そこで、限られた時間の中で、出荷検査をお客様にみて理解していただくために
どのような工夫をすればよいでしょうか。


わずかな時間で、料理の作り方をわかりやすく教えてくれる
50年以上も続く長寿お料理番組「キューピーの3分クッキング」を思いうかべてみましょう。

工場監査の下準備

野菜の前処理をして、火にかけて、煮込んで、・・・・さまざまな手順がありますが、
長く時間のかかる手順では、あらかじめ途中まで処理した調理後の料理を
事前に用意しておき、あっというまにおいしい料理が一品できあがってしまいます。

なべで数十分の時間煮込んで待っていると、時間がかかりすぎるので
あらかじめ事前にしこんでいたお鍋をとりだし、その後の工程をどんどんと説明していきます。
短時間で材料の加工方法や料理のポイントを丁寧に教えてくれる説明は、実に見事です。


工場監査でも、検査測定の前処理で、加熱などで時間がかかるような作業をともなう場合には
あらかじめ、最終の検査作業をお見せできるように準備しておくと、
短時間の中で、要点をおさえて説明ができ、たいへん理解しやすくお客様に喜んでいただけます。


監査の前に、事前の段取りを行い、説明のシミュレーションができているでしょうか。

監査時の出荷検査に限らず、品質書類の確認の場合でも、
事前に想定される記録や書類をあつめてすぐに出せるように準備することができます。
追加で要望される関連書類も想定して、監査場所に並べて、準備しておくこともできるでしょう。

お互いの貴重な時間を大切にするためにも、
濃縮した監査になるように、どのような下準備をするかは、工夫次第です。


お客さまの期待以上のことを実現しようとする姿勢が仕事をより楽しくします。

あたりまえのことを、あたり前にやるだけではなく、
期待を上回るスピードや対応で実施することを心がければ、
いまよりも、もっとお客様の工場監査も、仕事も楽しくなるのではないでしょうか。


お客様に提供する製品やサービスの品質を高める中で、
自分自身の仕事の品質も、より高めて、改善していきたいものですね。


【関連記事】
工場監査とは、向上監査!
ピンチはチャンス?工場監査!
工場監査の役割とは?
スケジュールが命とり?工場監査!
工場監査の隠れた確認ポイントとは?
posted by かおる at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 工場監査

2014年02月01日

外観目視検査の不良の「見える化」とは?

外観目視検査の不良の「見える化」とは?
(2014年2月1日)品質管理研究所


ものづくりで品質を確認するための世界共通の検査「外観検査」、
だれにでもできる一見簡単そうな外観目視検査には、多くの問題が潜んでいます。


ものづくりが海外にシフトして、現地生産化しているような海外工場の場合では、
現場の従業員の離職率も高い場合も多く、安定した検査を行うための工夫も必要です。

特に、外観目視検査は、ひとに依存する部分が多く、
ヒューマンエラーによる検査ミスや作業ばらつきが発生しやすいものです。

外観検査員の力量を十分に確保して検査をしなければ、
生産工程で管理しきれていない工程不良品を市場に流出させてしまいます。
お客様にご迷惑をかけるばかりでなく、企業にとっても大きな損失となるものです。

また、品質が安定しにくい初期生産品の出荷品質を確保するために
外観検査による流出防止に頼らざるをえないことももちろんあるでしょう。

今回は、外観目視検査の教育と生産現場の検査にかかすことのできない
「不良見本」の活用について考えてみましょう。


海外の街中で、みかけた下記のキャラクター製品を例に考えてみましょう。

まず、どれが良品で、どれが不良品でしょうか。


不良見本

なにを良品として、なにを不良品とするのか、
それを明確にしなければ、工場での検査判定はできません。

おおざっぱで細かなことを気にしないひとにとっては、気にならない程度かもしれませんが、
細部にわたりこだわりをもつひとにとっては、気になるレベルかもしれません。

どのような基準で検査して、出荷するかは、
企業の品質に対する考え方を示すものです。



この製品では、何が、品質の変化として気になるでしょうか。

・あるべきものがない、・形状がおかしい ・色がおかしい ・・・。

さまざまな違いに気づくことができますが、何が不良品でしょうか。
どこからが不良品で、どこまでが良品になるのでしょうか。

一定の外観判定項目と判定基準がなければ、
外観の判定をおこなうことは、難しいことがよくわかります。
検査者が複数いる場合には、どの状態が合格か検査者による認識の違いで、
不良検出率に違いが現れますので、客観的な基準を明確にしておくことが必要になります。

外観の品質は、人の感覚に左右されがちだからこそ、

製品の品質を維持するためには、
一律の外観基準を設定し、その基準にもとづき、判定することが求められます。
まずは、検査をする上での明確な基準を設定することが、外観検査の第一歩となります。


次に、なにが良品で、何が不良品か、検査基準で明確にできても、
それが検査員につたわり、正しく理解されなければ、検査基準書も役に立ちません。


多くの工場でよくある検査基準書には、
不良の内容が、ことばや数値で書面にびっしり書いてありますが、
果たして、現場の検査員に、その具体的基準をどのようにすれば、
より簡単に、よりわかりやすく、そして、より正しく理解してもらえるでしょうか。

人の入れ替わりの激しい工場においては、特に重要な課題といえます。


そのコミュニケーションの橋渡し役こそが、「不良見本」です。

不良見本は、外観検査の判定基準を検査者の記憶に頼るのではなく、
不良の現物見本をたよりにして、判定項目や判定基準を「見える化」するものです。
検査員を教育するためにも活用され、現場に掲示して活用します。


実際にどのような不良品が発生するのか、事前に理解できるように、
現物の見本として掲示することが検査員の理解の手助けとなります。

もちろん写真でもわかる不良の場合には、
手順書やワンポイントレッスンなどの掲示物にいれて、表現することもできます。

下記のようにあらかじめ、不良の状態を理解しておくことが大切です。

不良見本


不良品の実物を実際に見て理解するのとしないのでは、
検査員の理解の深まり方も違います。

どこを見て、どのようなポイントを検査すればよいか、
また、どのような点に気をつければよいか、肌で感じ取ることができるでしょう。

検査を通じて、大きな変化はとらえやすいものの、見逃しやすい不良項目については、
あらかじめ、不良の現物を見ることで、注意を喚起することができます。


また、実際の不良品や良品の限度として、検査判定に迷うような生産品と比較することで、
良否の判定を正しく実施できるようにするため活用される場合には、限度見本となります。

さらに、測定設備では、始業時に点検をおこない正しく動作することをチェックしますが、
検査のようにヒトに頼る場合には、始業時の確認がおこなわれない場合が多いものですが、
どのような検査基準で正しく判定するべきか、このような不良見本を活用し、
検査員と確認した上で、外観目視検査を始めることも大切なことです。

ものづくりにおいては、多くの良品の中に不良品がごくわずかな確率で混じっているものです。

下記の製品写真のように、さきほどみた不良の写真事例を見て理解した後では、
同じ製品をみても、容易に不良品に気づくことができるはずです。

ぜひ、どこに不良が潜んでいるか、探してみてください。

良品見本.jpg

検査責任者には、このように検査員が、判定もれや判定ミスをおこさないような
環境づくりを積極的におこなってほしいものです。

以上、今回は、検査の見える化「不良見本」についてご紹介しました。
外観目視検査で、日々試行錯誤されている皆様のヒントになれば幸いです。



【関連記事】
限度見本は、官能検査のかなめ?
「外観検査」は、脳でみる?!
限度見本の承認ラベルの作り方とは?
外観検査の役割 5つの「みる」とは?
posted by かおる at 18:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 限度見本