2013年01月20日

品質管理研究所 サイトマップ

品質管理研究所サイトマップ
(2013年1月20日)品質管理研究所

品質管理研究所のサイトマップですひらめき

みなさまからのあたたかいコメントや「いいね」、お便りなどいただき、ありがとうございます!
実務で役立つ品質のヒントをご紹介していければ、うれしくおもいます!


(1)品質管理研究所について
@品質管理研究所について
A品質管理研究所 OPEN 2周年

(2)品質の歴史
@知られざる品質管理の歴史
A日本製品の品質の高さの秘密とは?
B伊勢神宮に学ぶ品質思想

(3)品質の思想
@お客様はだれですか?
A『ものづくり』は、『料理づくり』と同じ?
B良い部品は良いパートナーから!
C虫歯と品質不良の関係?
D動画で学べる『品質思想』〜飯塚教授
E後工程はお客様!
F「工程で品質をつくりこむ」とは?
G「鳥の目」「虫の目」「魚の目」
H改善4原則「ECRS」とは?
I TOC制約条件の理論とは?
J工場の垂直立ち上げ『Copy Exactly』とは?
K海外生産立ち上げとCopy Exactlyの落とし穴
L大企業病と経営品質とは?
M世界の品質改善手法-シックスシグマとは?
Nゆでがえる現象とは?
O品質マインドを高める「品質十戒」とは?
P東洋医学に学ぶ未病と予防思考

(4)品質目標
@品質目標とは?
A品質目標は、健康のバロメータ?
B納入部材の品質目標とは?
CSMARTな品質目標の設定方法とは?
D海外品質の向上!社員の定着率管理とは?
Eダイエットと品質改善

(5)品質保証
@『品質保証の仕組みづくり』
A品質契約って?なに?
Bトレーサビリティの確保は大丈夫?
C何をする?SCM!
D発想の転換?グローバル品質!
E品質保証部は、ゴールキーパー?
F品質のドミノ倒し
Gいつお客さんに会いましたか?
H機種・製造番号の情報品質管理とは?
I柔軟な発想!特別採用とは?
J品質オリンピックとは?
K品質保証の砦『キープサンプル』とは?
L自工程完結の品質保証とは?
MOEMを成功させる品質保証とは?
N日産自動車の品質物語

(6)品質管理
@『品質管理の体系的学習について』
A識別管理とは、色別管理?
B節目管理は、記念日管理?
C『QC工程表』って何?
DQC工程表の作り方とは?
E何をかく?QC工程表!
F品質管理は納入部材から?!
G作業標準書とは!?
H部材保管管理 15の基本とは?
I納入部材の品質不良、改善方法とは?
J商社を通じた海外部材の品質指導とは?
Kディズニーランドに学ぶ変化点管理
L逆転の発想の輸送梱包とは?
M品質確保にかかせない「引き継ぎ」とは?
N歩留まりのリカバリー「4R」とは?
O「食」の品質管理とは?
P就活から学ぶ部材品質管理とは?
Qオーケストラの指揮者に学ぶ品質管理とは?
R予測に基づく品質管理とは?

(7)品質改善
@品質改善の思考法 『PDCAサイクル』
Aやってはいけない『3S』とは?
B製品は、わが子と同じ?!
CWar roomとは?
D歩留まり改善とは?
EFコストとは?
F品質月間とは?
G不良品をわざとつくるとは?
H原因不明の不良問題を解決するには?
I品質不良改善シートとは?
J納入品質改善計画・実績報告書とは?
K品質会議とは?
L品質対症療法の弊害とは?
M不良品の原因調査の基本とは?
N品質不良の削減!品質不良マップとは?
O常識をうたがう「いじわる試験」とは?
P品質不良、再発防止の落とし穴とは?
Q鮭の生き方に学ぶ品質改善
R品質改善のつぼとは?

(8)品質教育
@品質教育はだれにすべき?
A品質は口が三つ?
B11月は、品質祭り?
Cスキルマップとは?
Dスキルマップの作り方とは?
E作業手順書の作り方とは?
F歩のない将棋は負け将棋?!
G仕事品質を高める『教え』と『学び』とは?
H実務で役立つ品質管理教育7つのポイント
Iリンゲルマン効果と品質管理

(9)QC7つ道具
@QC7つ道具〜品質管理ツール
A重点指向のパレート図!
B管理図とは?
Cドラッカーに学ぶ『管理』とは?
Dチェックシートの落とし穴
Eパレート図の作り方とは?

(10)新QC7つ道具
@新QC7つ道具とは?

(11)FMEA
@FMEA による未然防止とは?
A動画で学ぶFMEA!
B工程FMEAとは?
C DRBFMのやり方とは?

(12)工程能力指数Cpk
@工程能力指数Cpkとは?
A動画で学ぶ工程能力指数Cpk
B工程能力指数Cpkの計算方法とは?
C工程能力指数Cpkと不良率の関係とは?

(13)5S
@ものづくりの基本の『5S』とは?
A具体的な『5S活動』とは?
B動画で学べる『5S』!
Ce-Learningで学ぶ『5S』

(14)検査
@検査で品質は上がらない!?
A検査員は、だれがなる?
B限度見本は、官能検査のかなめ?
C外観検査に適切な照度とは?
D試験データはうそをつく?
E品質不良と検査時間
F品質検査員の検査ばらつきとは?
G「外観検査」は、脳でみる?!
H実務で使える抜取検査とは?
Iドットゲージの入手方法とは?
J限度見本の承認ラベルの作り方とは?
K外観検査の役割 5つの「みる」とは?
L線路の検査ドクターイエローとは?
M目視検査環境の作り方とは?
N出荷停止とは?
O食品の品質検査とは?
P五感で感じる!官能検査パネラーとは?
QEXCEL条件付書式による品質検査値の自動判定とは?

(15)倉庫管理
@倉庫管理!保管環境16のポイントとは?
A倉庫のトレーサビリティ管理とは?
B倉庫の7つの識別管理ポイントとは?
C倉庫での先入先出管理とは?
D員数管理とは?
E16事例で学ぶ!梱包不良

(16)品質不良
@冬はご注意!大敵、静電気!
A動画で学べる『静電気』!
B動画で学べる『粉塵』
Cストレス-ストレングスモデルとは?
D工場の防虫対策と品質管理

(17)長期信頼性
@素性が大切!?信頼性試験サンプル!
A信頼性の鍵は?繋ぎ目!
B信頼性の7つのポイント
C「現物」でみる?信頼性試験結果!

(18)品質管理者ツール
@品質管理者が知っておきたいフリーソフトR
A品質業務を効率的にするフリーソフト!『縮小専用。』

(19)工場監査
@工場監査とは、向上監査!
Aピンチはチャンス?工場監査!
B工場監査の役割とは?
C工場監査のやりがい
Dほめて育てる!工場監査
E工場監査7つ道具とは?
F工場監査先の選定方法とは?
Gスケジュールが命とり?工場監査!
H工場監査の隠れた確認ポイントとは?

(20)監査のたび
@ドイツハイデルベルグ
Aベトナム ホーチミン
B中国 深圳
C中国 上海・無錫
D韓国 釜山
E中国 錦州
F中国 寧波・南京
Gタイ アユタヤ遺跡
Hマレーシア マラッカ
I韓国明洞

(21)品質資格
@ソフトウェア品質技術者資格とは?
A品質管理検定(QC検定)とは?

(22)設備管理
@生産設備の体調管理とは?
A設備メーター管理の7つの基本とは?

(23)安全管理
@ハインリッヒの法則とは?
A労働災害リスクアセスメントチェックシートとは?

(24)寄稿
@品質管理とクリーン化
posted by かおる at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトマップ

2013年01月17日

EXCEL条件付書式による品質検査値の自動判定とは?

EXCEL条件付書式による品質検査値の自動判定とは?
(2013年1月17日)品質管理研究所


製造現場の品質検査では、製品仕様どおりの出来栄えになっているかを確認するために
寸法や特性などを測定し、合格判定基準と比較して、合否を判定します。

ものづくりにおけるさまざまな製品の品質は、『数字』によって、管理されています。

品質検査値の自動判定方法

ライン別にある製品の特性を測定したところ、下記のデータが得られたとします。
数値を見て判定する際、上下どちらの表が見やすいでしょうか。


EXCEL条件付書式と品質検査自動判定

もちろん、不合格の数値が、赤く色づけされた
下の表のほうが見やすいことでしょう。


多くの企業で、このようなたくさんの数値をあつかう検査などの業務では、

EXCELシートが記録簿として活用され、
検査成績書もEXCELシートで作成されていることもしばしばみうけられます。

業務で活躍するEXCELシートですが、検査で測定されたたくさんの数字がならんでいると、
検査員の見間違いも生じやすくなるのも、また事実です。

検査員の仕事は、単に検査数値の記録や入力ではなく、
品質基準にてらして、合否を判定することが、大切なミッションですが、
検査の判定という目的意識が、日々の業務で以外とおろそかになりやすいものです。


毎日同じように行う検査は、検査員にとっては、検査ではなく、
単なるひとつの流れ作業に陥りやすいことを十分認識しなければなりません。

特に、工程の管理数値など、日常的な数値の管理として、
チェックシートに記入しているものの、実際には、合否の判定ができておらず、

基準から外れた結果を記入しているにもかかわらず、
気がつかずにそのままになっている場合が、多くの現場で見られるものです。


当たり前のことを当たり前と思わず、
毎日しっかり確認することは、ことのほか難しいものです。
小さなことをこつこつ継続して行なうものづくりの基本を持続することは容易ではありません。


そこで、今回は、検査をきちんとおこなった結果から正しい判定をくだすために、
EXCELシートを活用して、自動的に判定を行ない、色づけしてわかりやすくすることで、
品質業務のミスを防止するおすすめの手法をご紹介いたします。


検査員が、測定した数値と合否判定基準を頭のなかだけで数値比較するだけでなく、
EXCELの『条件付書式設定』という機能で、
色による識別判定を行なうシンプルな方法です。

すでに、ご存知のEXCELの機能かもしれませんが、
品質の実務に活用している方は、以外と少ないのではないでしょうか。

EXCELの『条件付書式設定』の活用により、
EXCELシート内の指定したセルの値が、合否判定基準外になる場合、
不合格を意味する赤字に設定することができます。


数値の見間違い防止と検査としての判定を行なう手助けとして、
実務ですぐに活かせるおすすめの方法ですので、
ぜひ、業務にご活用いただければうれしく思います。



<エクセル 条件付書式設定 簡単7ステップ 〜品質検査自動判定編〜>

(1)自動で判定したいセルを選択します。
  ※複数のセル範囲をまとめて選ぶこともできます。

EXCEL条件付書式と品質検査自動判定

(2)メニューバーの『書式』を選択して、『条件付書式の設定』 を選択します。

(3)条件1 『セルの値が』 『次の値の間以外』を選択します。

(4)合否の判定基準となる上限値と下限値の数値を設定します。

条件付書式設定方法

  『次の値の間以外』という表現は、その数値自体は、含まれていることに注意が必要です。
例) 『セルの値が』 『次の値の間以外』 『12』と『15』 の場合、12≦X≦15ということで、
Xが、12.0〜15.0の範囲であれば、色が変わらず、合格ということになります。

(5)『書式』を選択して、『フォント』タブの『色』で赤色(不合格の色)を選択して、『OK』にします。

条件付書式設定方法

(6)最後に、『OK』を押して確定すれば、条件付書式の設定完了です。

(7)最後に実際に数値の境界値をいれてみて、基準に合致している変化があらわれるかをきちんと確認しておきましょう。

 Dライン品のような境界値の場合を想定して、11.99や12、15や15.01など基準の境目の値を実際に入力して、検証を実施することが大切です。

EXCEL条件付書式と品質検査自動判定

すべてをEXCELの機能に任せるのではなく、
あくまで確認を手助けするツールとして、検証もおわすれなく。

検証がおわれば、数値をいったん消して、特定の名前をつけて保存し、
条件付書式の入力フォーマットシートの完成となります。



<エクセル 条件付書式設定 注意点 〜品質検査自動判定編〜 >

今回の事例では、ABCDの4つのラインでの検査結果という事例を用いています。
※平均値が同じになるようにわざと設定してあるところが、ポイントです。

判定基準に対して、個々の測定値と平均値の値を、判定基準値と見比べてみてください。


Aライン品は、個別の5回の測定値とその平均値は、全て、判定基準内の合格です。
Bライン品は、個別の5回の測定値はすべて判定基準外ですが、平均値は合格です。
Cライン品は、ひとつだけ測定値が判定基準外で、平均値は合格です。
Dライン品は、境界値ぎりぎりのものが2つ判定順外で不合格ですが、平均値は合格です。

Aライン品では、もちろん許容範囲内なので合格で問題ありませんが、

Bライン品のように、平均化することで、個々の値が、全て不合格でも、
平均値という指標で判定する場合には、合格となりえることに注意が必要です。


検査では、平均値で代用する場合もありますが、個々の値をどのように捉えるか、
丸められた平均値では、見えない数値の意味について考えることが大切です。


Cライン品は、ひとつだけはずれていますが、たくさんの数値が並ぶ中で、
赤く彩られなければ、以外と発見しにくいことがわかるはずです。

下記の元データだけをみれば、
数値を比較する作業が、いかに大変かが容易に想像できます。

EXCEL条件付書式と品質検査自動判定

Dライン品のように境界値が出た場合を想定して、
EXCELの条件付書式を設定した後に境界条件の確認検証は、必ず行いましょう。


特に、類似の製品で、EXCELシートをコピーして、条件付書式を活用する場合には、
過去の基準がシートに残っている場合など、
本来、検査で確認すべき基準とずれてしまう可能性があることから、
忘れずに、この見直しと検証作業を実施しておくことが求められます。


また、このような検査基準の設定ミスを防止するために、
基準となる数値をEXCEL上のセルに入力して、そのセルの場所を合否判定基準の上下限に
個別に指定することで、見える化をすることもおすすめです。

さらに、エクセルシートの保護機能も併用すれば、操作ミスによる無意識の編集防止など、
予防を図ることも可能ですので、工夫次第で、品質業務がどんどん楽しくなります。


以上、今回は、エクセルの条件付書式設定を活用した
品質検査値の自動判定方法をご紹介しました。

みなさんの日々の業務が、より楽に、より楽しくなるヒントになれば、うれしい限りです。


【関連記事】
工程能力指数Cpkの計算方法とは?
工程FMEAとは?
DRBFMのやり方とは?
QC工程表の作り方とは?
品質不良改善シートとは?
納入品質改善計画・実績報告書とは?
品質不良の削減!品質不良マップとは?
スキルマップの作り方とは?
限度見本の承認ラベルの作り方とは?
posted by かおる at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 品質検査

2013年01月15日

日産自動車の品質物語

日産自動車の品質物語
(2013年1月15日)品質管理研究所

日本のものづくりの柱ともいえる自動車は、
ヒトの命にも関わる高い品質が要求される製品のひとつです。

今回は、世界で活躍する自動車の大手メーカーである
日産自動車さん(NissanNewsroom)の『品質物語』をご紹介します。


自動車業界とは異なるものづくりの企業ではたらかれている場合でも、
興味をそそられるおもしろい品質動画がたくさんありますので、ぜひご覧ください!


■ 日産: もうひとつの品質物語 "細かすぎて報われた研究員"



新しいチャレンジ的な製品には、あたらしい試験方法の開発も必要になります。
お客様のつかわれかた、部品の弱み、想定される苛酷な自然環境の観点から、
新しい試験条件の内容が検討され、試験方法そのものを開発されている点がすばらしいですね。


■日産: もうひとつの品質物語 "クルマを作らない工場"



自動車を生産するための最適条件を事前に見出して、
世界の生産拠点に転写する方法は、Intelさんの「Copy Exactly」の考え方と同様に、
生産立ち上げ期間を短縮する優れたやり方です。

もちろん、設備の条件だけでなく、自動車の立ち上げをおこなう人材もきちんと育てて、
日産の考え方そのものまで移植させる取り組みは、なかなか真似のできることではありませんね。


■ 日産: もうひとつの品質物語 "雪男、砂漠に現る "



自動車がさらされる自然環境を再現する試験設備が紹介されています。
雪を降らせて試験する降雪試験など、世界の厳しい気象環境を再現し、自動車の品質が確保されています。

日頃、私たちが使用させていただく多くの製品もまた、
かげながらこのような品質マンが地道に試験をしています。
多くの企業で品質試験に取り組む品質担当者の姿が重なり、応援したくなりますね。


■ 日産: もうひとつの品質物語 "1/100の世界"



これまでのやり方そのものを見直すことの重要性に気づかせてくれます。

新規の製品の開発だけでなく、新しい始点で、新しい方法を取り入れ、
進化させなければいけないものが製品だけでないことを教えてくれているように感じます。


■ 【もうひとつの品質物語】猛獣使いと5000tプレス



自動車の骨組みをつくるプレス。金属の板から流線型のボディ形状をうみだす
ダイナミックなプレスの動きの中で求められる寸法精度や外観の品質には目をみはるばかりです。

自動車の美しさの背景にある力強さは、まさに、
このような製造現場の猛獣使いによって、生み出されているのでしょう。



■ 【もうひとつの品質物語】ストイックな「感性」探求者



感性にうったえかける魅力的な品質=感性品質の重要性に気づかされます。
だれしも、ひとたび見ただけで、製品からただよう美しさ、高級感、その製品の良さを感じて、
ひとめぼれすることがあるのではないでしょうか。

日産自動車さんでは、このような感性の品質を重要な視点としてとらえ、美と性能を兼ね、
製品の良さを伝えるデザインをもったクルマになるように、
感性品質を高めるPQ(Perceived Quality:パーシブド・クォリティ)という考え方を
1999年に資本提携したフランスの自動車メーカー「ルノー」さんから取り入れたそうです。

【参考資料】 NISSAN DESIGN NEWSLETTER Vol.12 

感性にうったえかける魅力的な品質という視点を、実務でどのように具現化していくか、
多くの企業が、悩みを抱えているポイントのひとつといえるのではないでしょうか。

P:Product Quality (製品の設計品質)、
P:Process Quality(製造プロセスの品質)に加え、第三のPとして、
P:Perceived Quality(感性の品質)


をうまく取り入れて、喜ばれるモノを産み出していきたいものです。



今回は、日産自動車さんの品質物語をご紹介しました。

業種の異なる優れたものづくり企業の品質思考にふれることで、
これからも、楽しく品質を学んでいければ、うれしくおもいます。



【関連記事】
「食」の品質管理とは?
ディズニーランドに学ぶ変化点管理
日本製品の品質の高さの秘密とは?
伊勢神宮に学ぶ品質思想
動画で学べる『品質思想』〜飯塚教授
常識をうたがう「いじわる試験」とは?
製品は、わが子と同じ?!
工場の垂直立ち上げ『Copy Exactly』とは?
posted by かおる at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 品質管理 事例

2013年01月14日

工場監査の隠れた確認ポイントとは?

工場監査の隠れた確認ポイントとは?
(2013年1月14日)品質管理研究所


新規の企業と取引をするためには、
工場へ訪問し、現場の品質状況を確認する工場監査を実施します。

工場監査員は、限られた時間の中で、工場の問題点や課題点を明らかにして、
品質の高い製品を安定して、生み出すための改善点を共有することが求められます。

工場監査では、工場の現場のさまざまな場所を確認します。
工場の製造現場、倉庫、検査室、休憩室、食堂、様々な場所が考えられるでしょう。

みなさんは、工場監査でどのようなポイントを確認されているでしょうか。


工場の品質管理状態が、現れやすい場所とは、いったい、どこでしょうか。

工場の中で、見られたくないものが、たくさん集まっている場所もあるでしょう。
工場監査で、取引先さんが確認されると想定していない場所とはいったいどこでしょうか。

工場監査のポイント

工場監査で、ぜひ、見ておきたい場所は、「廃棄場所(ゴミ置き場)」です。
廃棄場所は、製造上不要とされるものが、たくさん集まる場所です。

「廃棄場所」には、製造現場でその企業が抱える問題点がたくさん現れています。

一方、工場監査員が、ものづくりの現場を監査する際に、
QC工程表に基づいて、材料の受入から製造工程、梱包、出荷検査という
一連の流れを確認することは、監査の一般的な常識ともいえるでしょう。

つまり、これらの一連の製造工程は、取引先さんが事前に工場監査に対応して準備し、改善している場所であることを工場監査員はあらかじめ想像しておかなければなりません。

日頃から、5Sをはじめ、品質管理がいきとどいている企業もたくさんありますが、
監査の時には、いつも以上に準備や改善対応している場合が多いので、
工場監査員は、日頃のありのままの現場の姿を想像することが求められます。

工場監査では、監査時に現場に現れた状態よりも、
見えていない日頃の管理状態や管理体制を推察して、指導することが求められます。

そのため、工場監査側でも、あまり気がつきにくく、
監査の準備もしにくい『廃棄場所』を確認するのが、おすすめです。


工場監査の監査ポイント


今回は、工場監査で確認しておきたいポイントのひとつ
「廃棄場所(ごみ置き場)の見所」について、ご紹介します。



廃棄場所には、いったい、どのようなものが、集まってきているでしょうか。

_______________________

(1) 【品質】 不良品の廃棄           
(2) 【コスト】 加工後の端材(はざい)の廃棄  
(3) 【メンテ】 副資材・磨耗品の廃棄
_______________________




(1)【品質】 不良品の廃棄
製造工程中発生した不良品が廃棄場所に集まります。

どんな製品のどんな不良品がどれだけあつまってきているでしょうか。
品質問題がおきなければ、そもそも、捨てなくてもよいものばかりです。

できれば、不良品が廃棄場所にないことが、理想的な状態です。

品質不良の情報は、工程ごとに、どんな不良がどれだけ発生したかを
時間ごとに記録して管理することが求められます。

数値となって現れた不良情報は、問題の大きさを把握し、
改善対策の効果を確認するために役に立ちます。
そして、その不良がどのような不良モードであるか、現物できちんと確認して
その場で原因をきちんと追究して、対策を施すことがかかせません。

廃棄場所に不良品がたまり、原因究明がなされずに放置されれば、
時間がたてば、たつほど、不良品の改善も滞り、
不良の再発件数は、膨れ上がり、被害が拡大することになります。

そのため、問題が確認されたときに、
製品についたキズの位置や異物の種類などを確認して、
どこの場所で、どのようなメカニズムで不良が発生したかを突き止め、
同じ不良が大量に発生させないようにしなければなりません。


捨ててある不良品の不良部分には、不良を識別するマークがついているでしょうか。
通常、良品への不良品の混入防止のために、識別マークとして、
問題箇所を特定するタグをつけたり、ラベルをつけたり、赤い丸印を描いて、管理します。

不良品の取り扱いミスで、良品へ混入するといった
初歩的なミスに対する問題意識の少なさも垣間見られるでしょう。

工場監査員は、問題となる不良品の廃棄の痕跡から、どのような管理体制で、
現場で発生した不良品の改善対応がなされているかを推測することが求められます。

不良が発生している事実への対処はもちろんのこと、
そのような不良品を改善する仕組みを明らかにして、
仕組みそのものに改善のメスをいれる必要性がないかを確認しなければなりません。



(2)【コスト】 加工後の端材(はざい)の廃棄
製品加工中に発生する端材が、廃棄場所に集まります。

加工後に製品にならない端材が多ければ、余計なコストが発生します。
材料コストに影響する材料の耳しろを少しでも削減し、
収率を改善する工夫が施されているでしょうか。

廃棄場所で、廃棄物別に廃棄区分をつくり、識別管理されているかを見れば、
この先どのような処理がなされるか容易に想像がつくことでしょう。


ただ単に捨てるという発想から、材料の特徴に応じて、どれだけ有効活用できるか、
考えること、はじめから、廃棄ロスが少なくなるような材料設計にする工夫も求められます。


お菓子づくりのように、練られた生地からどれだけうまく型を抜くか工夫や、
再度、生地をまとめて、型でぬくような努力が、多くのものづくり企業で実践されています。

歩留りと生産ロス

特に素材や材料関連の製品を扱う企業においては、
自社では、使用できないと思い込んでいるものでも、
他の会社にしてみれば、使用したいと思うものや
異業種の企業で興味をもたれる材料がある場合もあるものです。

わずかな製品のロスは、原価を押し上げ、企業の収益性を低下させます。
製造業の多くの企業の売上高営業率は、わずか数%というレベルで、
切磋琢磨している中で、このようなわずか材料ロスも見過ごすわけにはいかないでしょう。

廃棄場所にある端材をみれば、その企業のコスト意識が見えてくるはずです。
コストに対する改善の意識の差は、もちろん、さまざまな改善意識にもあらわれるでしょう。



(3)【メンテ】 副資材・磨耗品の廃棄
作業者が使用する手袋や生産梱包に使用するテープなど、
生産工程中で使用しおわった副資材が、廃棄物として捨てられます。

どのようなものが、どんな状態で、どれだけ廃棄されているでしょうか。
どのような作業やアクシデントが現場で生じているでしょうか。
工場監査の限られた時間では見えない現場の状況が廃棄物から見えてきます。


また、生産工程で生産回数をかさねるごとに磨耗して、
交換する必要が生じる磨耗品も廃棄されている場合があるでしょう。

製造工程中の変化点である摩耗品の交換箇所を理解し、
製造工程中でどのような日常点検と交換基準が設定されているかを確認することも、
工場監査の大切なポイントになります。


製品品質を安定させるために日々のメンテナンスと交換など
設備の維持管理を行なう姿が、廃棄物の置き場から見えてくるものです。



以上、今回は、工場監査のチェックポイントとなる廃棄場所の見所をご紹介しました。

企業の製造現場を訪問し、現場にふれて、さまざまな視点から眺めれば、
企業の品質管理状況と改善点が、自然と見えてくるものです。

みなさまが、工場監査を実施し、品質改善を進める際のヒントになれば、うれしい限りです。


【関連記事】
品質不良の削減!品質不良マップとは?
品質対症療法の弊害とは?
不良品の原因調査の基本とは?
QC工程表の作り方とは?
歩留まりのリカバリー「4R」とは?
予測に基づく品質管理とは?
歩留まり改善とは?
posted by かおる at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 工場監査

2013年01月07日

品質改善のつぼとは?

品質改善のつぼとは? 品質管理研究所


人間のからだには、たくさんのつぼがあります。

世界保健機関(WHO)の国際会議できめられた体のつぼは、361個もあります。

品質改善のつぼ

つぼを刺激することで、体の内部の臓器のはたらきを強めたり、
痛みを沈静化したり、不調を和らげたりする効果があります。

つぼとはなれた場所にあるからだの内部に対して、
作用して、バランスのくずれた症状を改善します。

五臓六腑(内臓)とつながる「経脈(けいみゃく)」、
その経脈へ刺激をあたえられる皮膚表面の「つぼ」、

からだの外と内がつながり作用するつぼのはたらきは、
私たちの体にかぎらず、工場という大きな組織にもあてはまるのではないでしょうか。


工場で効き目のあるわかりやすい「つぼ」は、経営者(工場長)というつぼです。

工場監査などを通じて、品質を改善する際には、
工場のトップと話をして、問題を共有することがかかせません。

どのように刺激を与えるかも大切です。

外部からきた工場監査員から、問題点を指摘する刺激よりも、

実際に工場で、日頃から現場で働く管理者や作業者が、
経営者に対して、日頃どのように感じているか、どのような要望があるかを
内部の声として、経営者に伝えて理解しもらうことは、たいへん効果がある刺激の仕方です。


品質改善のつぼは、もちろん、経営者のつぼにとどまりません。
企業の年齢や業種に応じて、効くつぼも、さまざまちがうでしょう。

改善しようとするポイントと異なる所に改善のつぼが潜んでいることもあるでしょう。

ぜひ、製造現場でさまざまなつぼを見つけて、刺激してみてはいかがでしょうか。


【関連記事】
原因不明の不良問題を解決するには?
品質対症療法の弊害とは?
不良品の原因調査の基本とは?
工場監査の役割とは?
「鳥の目」「虫の目」「魚の目」
改善4原則「ECRS」とは?
posted by かおる at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 工場監査